海外留学から帰国後に起こり得るケース

海外での生活を経験すると、その後の人生に少なからず影響を与えます。
観光旅行は代表的ですよね。
たとえ数日間の旅行でも、旅行先ではいろいろな刺激を受けることができます。
ましてや、留学目的で海外へ行った人は、確かな手応えを感じることが多いのではないでしょうか。
また、留学前後に変化がなければ、海外留学した意味が薄らいでしまうかもしれません。
ただし、留学を終えて帰国した人は、日本での生活とのブランクに悩むこともあるようです。
自分では気付かなくても、言動についてまわりから指摘されるケースも少なくありません。
やはり、海外生活で身に付いた習性が無意識のうちに出てくるのでしょう。
たとえば、お店で買い物をしたとき後の「サンキュー」が挙げられます。
また、英語で話し掛けられて聞き取れなかったとき、自分が学んだ英語とは異なることをアピールする人もいるようです。
ちなみに、英語には「アメリカ英語」と「イギリス英語」があり、学校(中学や高校)で学ぶのは前者になります。
どちらがよいのかはケースバイケースですが、英語に親しみたい人はアメリカ英語がよいかもしれませんね。

Comments are closed.